鉄道・軌道安全報告書

鉄道・軌道安全報告書

 弊社の鉄軌道事業運営に対して、日頃のご利用、ご支援、ご協力賜っておりますことに深く感謝申し上げますとともに、安全安心を

最重点にハード・ソフト両面から社員一同取り組んでまいります。

 地域経済は持ち直しの動きに一服感がみられ、経済社会活動を継続していく中で、新型コロナの感染拡大による影響や供給面での制約、 原材料価格の動向による下揺れリスクなどに十分注意する必要があります。

 地域鉄道を取り巻く環境は少子高齢化やモータリゼーションの進展などに伴い、極めて厳しい状況が続いているに加え、2年以上にもおよび新型コロナによる輸送人員、運輸収入への大きな影響を受けています。こうした中、新型コロナの状況をみながら企画電車の再開やViewポイントラリー、国際交流電車運行など新たな企画の実施にも努めました。さらに、「ふるさとギャラリー開館5周年記念ドラえもん乗車券」や「吉久こしの3周年記念乗車券」、「万葉線電車・吉久こしの新グッズ」の発売などネット販売に対応した企画を充実しました。安全運行を図るため、鉄軌道の重軌条化、電路・踏切保安設備等の整備などの設備改良の実施、教育訓練等の充実とともに運転士の採用や技術社員の確保などハードとソフトの両面で積極的に取り組みました。

 令和4年度は、新型コロナによる影響が見通せず、依然として厳しい経営状況が続くと考えています。

 一方、県内各都市においては、北陸新幹線を活かした観光客や移住者の取り込み、企業立地の推進など各種施策が行われるとともに、「とやま呉西圏域連携中枢都市圏」の取り組みも進められており、地域経済の活性化や交流人口の拡大等が図られています。

 地域交通の重要な役割を担う万葉線におきましては、国、富山県、高岡・射水両市、各種団体等のご支援とご協力をいただきながら、沿線の皆様との連携のもと、「より安全・安心・安定した良質の輸送サービスの提供」を基本に、「運輸収入の確保と業務の効率化」に一層努め、「年間100万人以上の輸送人員」を目指してまいります。

代表取締役社長 中村 正治

安全報告書は下記のリンク先からご覧いただけます。(PDFデータ)

  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. 鉄道・軌道安全報告書
ページの先頭へ